意外と曖昧になっているごみの分別ですが、しっかり資源ごみは分けて、本当のエコな生活を送りましょう。

エコやリサイクルに力を入れる店を応援しよう

CONTENTS

きちんと資源ごみを分別して、エコな暮らしをしよう

いつのころからか、ごみを燃えるごみ・資源ごみ・不燃ごみに分けるのが、当たり前の世の中になりました。しかし、本当に細かく分別している人は、とても少なく、燃えるごみの中に入れて捨ててしまっているものも、とても沢山あるといいます。その代表的なものが、紙ごみです。シュレッダーをおいてある家庭はなかなかないですし、個人情報の問題もありますので、そのまま資源ごみに出すのは問題です。手でちぎって、燃えるごみに出す人がほとんどではないでしょうか。今、エコ生活・ペーパレスの時代とも言われていますが、やはり圧倒的に紙は多いと思われます。燃えるごみを減らすには、一番かさばる紙ものを減らす努力をするのが最善策です。

それから資源ごみですが、自治体の管理の仕方にもよりますが、実は分別方法もさまざまです。それはどうして異なるのかというと、ごみの焼却施設の違いにあるそうです。焼却炉の性能の違いで、どこまでの物を燃やせるかが違ってきます。設置された焼却炉が、プラスチックを燃やしてしまえるものだったら、燃えるごみにプラスチック製品を入れて捨ててしまっても良しとする自治体もあります。しかし、実際エコの視点から考えると、リサイクル出来るものを焼却してしまうのは問題なのではないかと考えます。

近年、町内会の再生資源ごみの回収や、スーパーマーケットにも、細かく回収箱が設置されていますので、ライフスタイルによって捨て方も選べる良い時代です。自分にあった方法で、上手にごみとお付き合いすると、有意義なエコ生活が送れることでしょう。

関連サイト

Copyright (C)2017エコやリサイクルに力を入れる店を応援しよう.All rights reserved.