エコが常識となり、資源ごみもどんどん分別の種類が増えています。市町村別のごみ事業を国が統括したらどうでしょう。

エコやリサイクルに力を入れる店を応援しよう

CONTENTS

エコな時代の資源ごみ

資源ごみを分別して回収していない市町村はもう日本にはないのかもしれません。分別に賛成派も反対派もいますが、分別の種類は増えていきます。それくらいエコは常識になり、多少は面倒くさく感じても、分別は当たり前になっています。けれども会社においては行政のごみの収集とはルールが全く違っています。民間の会社に委託して毎日回収するのですが、燃やせるごみと燃やせないごみの二種類しかありません。プラスチックも金属もペットボトルも燃やせないごみとして一緒に捨てられています。割れた蛍光灯が燃やせるごみに入っていました。自分の感覚では燃やせないごみだと思ってたので違和感がありました。ごみの分別は無意味だと主張している人もいますが、この民間会社も同じような考えなのでしょうか。それとも自社に持ち帰ってから作業員の手で分別しているのでしょうか。

現在資源ゴミの分別は市町村によって異なりますが、これを全国で統一したらどうでしょうか。そして国として再利用の方法を考え、再生施設も小さな町では建設も大変なので一つの施設に幾つかの市町村から資源ごみが集まるようにしてはどうでしょうか。資源ごみをリサイクルするにはコストが高くつく場合もあるとは思います。しかしエコの観点から見れば重要なのはお金ではなく貴重な資源を有効利用するという事です。コストがかかって採算が合わないなら国で補助金を出してはどうでしょう。儲からないけれど無くしてはいけない事業というものは、国が主体になった方がいいように思います。

Copyright (C)2017エコやリサイクルに力を入れる店を応援しよう.All rights reserved.