エコ対策で行われている資源ごみの回収方法は自治体が指定する方法か業者の回収などの方法があります。

エコやリサイクルに力を入れる店を応援しよう

CONTENTS

エコ対策で行われている資源ごみの回収方法

リサイクル回収をして再資源として利用できるごみを資源ごみといいます。資源ごみにはアルミ缶、スチール缶、ペットボトル、紙類、電池などがあります。これらは一般のごみとして捨ててはいけないのです。分別して指定された方法で捨てることになっています。捨てる方法は、各自治体が指定する曜日に近所のごみ回収場所に捨てる方法があります。この時には正しく分別して、きれいに洗ってから捨てる必要があります。違うごみが混ざるとエコに貢献できませんので注意します。

各自治体が指定する回収場所のほかには、専門の業者が回収を行っています。資源ごみを捨てる曜日の指定がないので、好きな時に捨てられるのが便利です。スーパーなどで回収ボックスを設置して買い物に行った時に捨てる方法もあります。このほか、町内会や学校の行事として資源回収を行う時に出す方法もあります。集めた資源は業者に回収させることで現金に交換できるので、資金を調達する際にも利用されます。エコ対策のほか、寄付の対象に利用されることもあります。

資源ごみというのはこのように貴重な素材なので、ポイ捨てをしたり間違った捨て方をするのはよくない事です。なぜ資源ごみを回収する必要があるのか、またエコ対策や地球温暖化に関する知識を勉強するという事も重要です。環境破壊は私達1人1人に関わっている大事な問題なので、自分くらいが何もしなくても影響はないだろうと思ってはいけないのです。日ごろからエコ対策を意識する必要があります。

関連サイト

Copyright (C)2017エコやリサイクルに力を入れる店を応援しよう.All rights reserved.