エコを意識して資源ごみ回収などに行動することは、環境破壊防止に役立つこと。一人ひとりの努力が大きな力に。

エコやリサイクルに力を入れる店を応援しよう

CONTENTS

エコを意識し、資源ごみ回収などに一人ひとりが行動を

森林伐採などの環境破壊をしないためには、紙類や割り箸・マッチの棒なども使用を減らすことが有効になるのでしょう。会社などでもコピー用紙を減らす努力などを行なっています。使い終わった用紙の裏を利用して社内用の連絡などに活用すれば、それだけでかなりの枚数を節約できるでしょう。また最近の食事どころでは、これまで割り箸を置くのが常識でしたが、今は洗って何度でも使える箸が常識になってきているようです。使い捨ての割り箸でも、一人ひとりの本数は大した数ではないかもしれませんが、日本全国になれば膨大な数に上るでしょう。マッチはライターの普及で大分減少してきています。爪楊枝なども、素材が木ではないものもでてきているようです。割り箸製造メーカーや、マッチ製造のメーカーさんには気の毒ですが、エコの立場から考えればいいことでしょう。

古新聞や古雑誌は古くから資源ごみとして回収されリサイクルされています。リサイクルされたその分だけ、新しい森林を切らずに済んだといえるでしょう。森林は二酸化炭素を吸収し酸素を放出すること、そしてそれが温暖化防止にもなっていることはだれでも知っていることです。しかしいま、原発の稼動停止による代替の火力発電が出す二酸化炭素は膨大でしょう。クリーンエネルギーが叫ばれ少しずつ普及し始めてはいますが、まだまだこれに変わるには時間が必要です。とても追いつけるものではないかもしれませんが、一人ひとりが意識して環境問題に取り組むことが、今の私たちにできることでしょう。

関連サイト

Copyright (C)2017エコやリサイクルに力を入れる店を応援しよう.All rights reserved.